多くの人が利用できるWEBサービス

WEBの語源とシステム普及の経緯

多くの人が利用できるWEBサービス 「WEB」というワードが世の中に定着し、当たり前に使われるようになってから久しい昨今ですけれども、元々は「WorldWideWeb(ワールドワイドウェブ)」を略した呼び方でW3などとも呼ばれていますが、一般的には「WEB」という呼び方が、完全に定着したという感があります。

元々の「WEB」の語源となっていますのは、「蜘蛛の巣」という意味となっておりまして、文字や画像、動画などを一体化したテキストをインターネット上で配信をしたり、それを閲覧や入手が可能とするシステムである、「ハイパーテキスト」の中の一つのカテゴリーであり、大規模なハイパーテキスト間の繋がりを図に表した場合、非常に入り組んだ複雑な蜘蛛の巣のように見える事が、「WEB」の語源たる所以となっています。

WEBというシステムが、用いられるようになったきっかけとしましては、まだインターネット一般向けではなく、学術機関を中心に用いられていた時代(1989年)、「CERN(欧州核物理学研究所)」のティム・バーナーズ・リーという人物によって考案された、CERN内の論文の配信及び閲覧システムが基礎となっており、一般的にインターネットが普及していく1990年台以降、主だったシステムとしまして、用いられるようになったという経緯があります。

関連サイト