多くの人が利用できるWEBサービス

クラウドという新時代のWEBサービス

多くの人が利用できるWEBサービス クラウドサービスというのは、データをローカルに保存しなくてもいいタイプのIT関連サービスのことを指しています。今までは、ゲームにしてもビジネスツールにしても、まずは自分のパソコンにデータをインストールしなければいけませんでした。ハードディスクを圧迫するという問題以前に、インストール作業が非常に面倒だったわけです。データをダウンロードするのも手間ですし、お店に行ってパッケージソフトを購入するのも手間でしかありませんでした。クラウドサービスが普及をしつつある現在では、そうした面倒はほとんどかからなくなってきています。

ゲームにしてもビジネスツールにしても、クラウドタイプのものであれば、データをいちいちローカルに保存する必要がありません。データは向こうのサーバーにすべて保管されていて、利用者はWEBブラウザを使ってそのデータを弄ぶことができます。大きなデータをローカルに保管しておかなくていいので合理的です。スマホやタブレットのように、ローカルストレージの容量が小さいデバイスでも様々なツールを利用できるようになったのも、クラウドが流行をしてきたおかげです。クラウドタイプのソフトであれば、複数のデバイスで同じサービスを利用できます。

関連サイト